大手予備校の医学部コース

レベルの高い授業で合格が目指せる

大学の中でも合格するのが難しいとされるのが医学部です。国公立だとどの大学も難関とされ、また私立の最も偏差値の低い大学でも理系のトップクラス並みの学力が無いと合格できません。将来医師を目指すなら何としても合格しないといけませんが、もし現役時代に後もう少しで合格に手が届く成績だったなら大手予備校の医学部コースを選ぶと良いでしょう。大手予備校なので首都圏なら多くの校舎がありますし、都市部にも校舎があるので通いやすいメリットがあります。医学部コースは受験科目が多くさらに面接や小論文対策が必要なために授業料は他のコースよりも高めになりますが、医学部専門予備校に比べると安く授業が受けられるのもメリットです。さらに、受験に関する情報も豊富なので、合格を目指せる環境と言えるでしょう。

レベルの低い人は授業についていけない

医学部を目指す人の高校時代の成績は様々で、あともう少しで合格を逃した人もいれば高校時代はほとんど勉強をしていない人もいるでしょう。また、医師を目指す理由も色々あります。例えば、親などが医学関係の仕事をしていると子供に医学部へ進学してほしいようで、医学部が目指せる予備校に入れようとする場合も少なくありません。いずれにしても注意したいのは高校時代の成績があまり良くなかった人は大手予備校の医学部コースだとついていけない可能性があるということです。医学部コースは予備校内のコースの中でも最もレベルの高い授業が行われ、在籍する生徒のレベルも高くなります。高校の成績が良くなかった人だと授業の内容が高度過ぎて何の話をしているのかわからずついていけない可能性もあるので、別の予備校を選んだ方がいいでしょう。

医学部の予備校の寮は、予備校から住空間までの移動が少なく、個室部屋で勉強に集中できるなど、時間を有効に使えることが大きな利点です。また、同じ空間で共に頑張る仲間がいることも励みになります。